小学生になる子どもの必需品

小学生になる子どもの必需品

小学生になるお子さまがいらっしゃる保護者の方は、
小学生としての生活に向けていろいろなモノを買いそろえる必要があります。

 

補助輪無しの自転車や学習机、ベッドにタンスなど、
かなり高価なものを準備する必要があります。

 

いま挙げたモノの中で、
使われなくなる可能性が高いのは学習机です。

 

ベッドが毎日寝るときに使いますし、
タンスは着替えるときに使いますし、
自転車も移動の際には積極的に使うようになると思います。

 

しかし、
学習机に関しては、
ランドセルや教科書をしまうスペースとして使われるだけで、
毎日使わないってお子さまも多いと聞いています。

 

宿題だけでも学習机を使ってくれたとしても、
小学校では家庭での勉強時間を「小学校の学年×10分」
例えば、
小学校1年生なら1×10=10分
小学校6年生なら6×10=60分
といった形で家庭での学習時間をセッティングしているので、
せっかく高価な学習机を購入しても10分程度しか使われないことになります。

 

学習机を用意した親としては、
宿題だけはなく、
その他の学習や読書、工作など、
学習机を積極的に利用してもらいたいので、
できるだけ机に座るように習慣づけたいですよねぇ♪

 

そこでおすすめしたいのが、
小学生向けの通信教育なんです!

 

小学生向けの通信教育は、
ただ国語や算数を勉強するだけのものではなく、
おすすめの本を読むことができるコーナーや実験や工作などを行う課題など、
いろいろな経験を積むことができるような内容になっています。

 

読書習慣は、
言葉や漢字を覚えるなど、
国語力がアップするだけでなく、
文章を作成する能力がアップするので、
コミュニケーション能力が高くなったり、
作文能力の向上につながったりします。

 

知識も増え、
いろいろなことに興味を持つきっかけにもなるので、
小学校の低学年から身につけたいですよね♪

 

また、
文字や数字を書いて学習するだけなく、
子ども達が飽きずに興味を持ってもらえるよう、
絵を描いたり、工作したり、モノを動かしたりして学習するなど、
とても工夫されたテキストを使った通信教育などもありますので、
「ウチの子は飽きっぽいから。。。」と思われている親御さんもぜひ一度、
お子さまと一緒に通信教育各社のサイトを覗いてみて下さい。

 

お子さまが興味を持つ通信教育が見つけられるかも知れませんよ♪

 

 

とはいっても、
小学生向けの通信教育っていろいろなモノがあるので、
どれをチェックしたら良いのか分からないって方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そのような保護者の方におすすめなのが、
小学校1年生からの通信教育 おすすめランキング」というサイトです。

 

 

こちらは、
小学生向けの通信教育をランキング形式で紹介しているので、
その内容を参考にしながら公式サイトをチェックすれば、
無駄なく子どもに合った通信教育を探すことができると思いますよ♪